VRゲーム・アプリ

VRマーダーミステリーゲーム『MYSPERYENCE』のリリース日が4月5日に決定!

株式会社CharacterBank(以下キャラクターバンク)の 新作VRマーダーミステリーゲーム『MYSPERYENCE story1:大富豪首なし殺人事件』が2022年4月5日に発売されることが決定!

『MYSPERYENCE』はタンサン株式会社の朝戸氏と共同で制作された「VRで事件を体験できるマーダーミステリー」です

Meta Quest/SteamVR向けに配信し、 クロスプラットフォームプレイに対応。

MYSPERYENCEとは 

MYSPERYENCE(ミスペリエンス)とは、 MYSTERY(ミステリー)とEXPERIENCE(体験)を組み合わせた造語で、 キャラクターバンク発の複数人で同時でプレイするVRマーダーミステリーゲームです。 

プレイヤーはキャラクターの行動を「追体験」するため事件現場にダイブし、 そのキャラクターが事件現場でどういう行動を取っていたのか、 どういう会話をしていたかなどの情報を集めます。 

それを元にプレイヤー同士で話し合って犯人を見つけることができれば勝利。 

逆に、 犯人を「追体験」したプレイヤーは犯人であることがばれなければ勝利となります。

3つのフェーズで進むゲーム

準備フェーズ 

プレイヤーのマッチング、 追体験するキャラクターの決定、 操作やルールの確認などを行うフェーズです。

プレイヤー同士でボイスチャットもできるので、 事前に確認を済ませておくようにしましょう。 

追体験フェーズ 

事件現場にいた5人の人物にそれぞれ乗り移って、 殺人事件の現場を追体験し実際に確認するフェーズです。 

事件が起こる少し前の時間からスタートしますので、 他のキャラクターの動きや、 会話、 現場にあるアイテムを手にとって情報を収集しましょう。

話し合いフェーズ 

追体験の確認が終わるとプレイヤー全員で話し合うフェーズになります。 

館内で見た情報を共有して、 犯人を探し出しましょう。 

犯人を追体験したプレイヤーは、 時には嘘を交えながら犯人だとばれないよううまく立ち回りましょう。 

話し合いの制限時間は15分で、 そこで話がまとまらなかった場合は追体験と話し合いを2回まで繰り返すことができます。

(最初の追体験と話し合いを含めるとそれぞれ計3回)

話し合いが終了すると投票を行い、犯人を見つけます。

ゲーム概要

タイトル:MYSPERYENCE Story1:大富豪首なし殺人事件
プレイ人数:5名(クロスプラットフォーム対応)
配信時期:2022年4月5日
販売PF:App Lab/SteamVR
対応HMD:Meta Quest/Meta Quest 2/Meta Rift(RiftS)/Valve Index/HTC Vive
ジャンル :VRマーダーミステリー
対応テキスト言語 :日本語 、 英語、 簡体字、 繁体字
対応キャラクターボイス言語:日本語、 英語、 中国語
企画・ストーリー・ゲームデザイン:朝戸一聖(タンサン株式会社)

PR Times プレスリリースリンク

KEN

2019年に初めてOculusQuestでプレイしたVRゲーム「Pistol Whip」で衝撃を受けメディアを立ち上げました。国内最大級のVRゲームコミュニティ「XR Game Japan」やポピュレーションワン国内大会の運営をしています。2022年2月にVRゲームを開発する会社をつくりました。VRやメタバースに関するご相談はTwitterのDMかお問い合わせからご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Back to top button