VRニュース・ビジネス

VRゲームやメタバースの3DCG制作に強い会社おすすめ4選

VRゲームメタバースなどの仮想空間のデザインに強い3DCG制作会社おすすめ4選をご紹介します。

現在話題の『メタバース』は、ハードや通信インフラ、ゲームエンジンなどの進化と共に確実に成長する領域です。

そしてメタバースやVRゲームに必須ともいえる3DCGの制作やレベルデザインはとても専門性が高く、技術力が必要な作業となるため、本格参入を検討している企業は外部への依頼を検討しましょう。

そこで今回は、1社1社ホームページを確認して3DCG制作依頼できるおすすめの会社を厳選いたしました。

Upsurge Studios East

Upsurge Studiosは元Fromsoftwareのレベルデザイナーであったベンジャミン・ローチ氏が2017年にオーストラリアのメルボルンで設立したCGプロダクションです。 

設立後急速に事業を拡大し、Grinding Gear Games や Cold Symmetry といった海外有名ゲーム会社の制作に携わってきました。 

そして2022年にアジアエリアでの事業拡大のため、京兼 拓矢氏と Upsurge Studios East(東京支社)を設立。 

世界中の様々なアーティスト達とコラボをし、ゲーム業界に留まらず、CM、映画、MV、XRなどの業界に活動の幅を広げている会社です。

VRアプリ開発も請け負っているのが大きな特徴です。

所在地 〒171-0014 【東京支社】東京都豊島区池袋2-17-8 池袋西口ANNEX 313号室 
   【オーストラリア本社】2/7 Rankins Rd, Kensington VIC 3031, A
スタッフ数 50
ソフトウェア Maya, 3dsmax, CINEMA 4D, Houdini, modo, Z-Brush, MotionBuilder, After Effects, Premiere, Nuke, mental ray, V-ray, Renderman, RealflowUnreal Engine, Unity, Substance 3d Painter, Blender

Black Beard Design Studio

Black Beard Design Studioは、2010年に設立されたゲームグラフィックス特化のCGプロダクションです。

スマートフォンゲームや、大手ゲーム会社が手掛ける有名タイトルの最新作など、幅広いジャンルのゲームグラフィックスの一部を受託制作しています。

コンセプトアート、キャラクターデザイン、モデリング、アニメーション、エフェクト、実機出力まで、それぞれに特化した社内の専門スタッフが担当。

専門的なスキルを持ったデザイナー同士が社内でコミュニケーションをとることで、高品質を保ちつつ質のばらつきを最低限に抑えた作品を納品することを可能にしています。

所在地 〒169-0072 東京都新宿区大久保1-3-21
    ルーシッドスクエア新宿イースト1F
スタッフ数 80
ソフトウェア Maya, Z-Brush, MotionBuilder, After Effects, FumeFX

Alche株式会社

Alcheは2019年に創業し、メンバーの平均年齢は20代のチームです。

VR・メタバース領域において日常をより色鮮やかにするようなデジタルコンテンツの開発を行っているクリエイティブチームです。

これまで、RADWIMPSやフジテレビなどのメタバースでのイベント、ライブ体験などの制作実績あり。

映画やゲームという既存のエンタメコンテンツに並び、今後それよりも大きくなると言われているメタバースという宇宙でまだ見ぬ体験や場所を作っていきます。

所在地 〒104-0033 東京都中央区新川1-25-2 新川STビル2F
スタッフ数 7
ソフトウェア Houdini, Z-Brush, MotionBuilderBlender、UnrealEngine、Substance、Adobe

バウハウス・エンタテイメント

バウハウス・エンタテインメントは、株式会社イマジカデジタルスケープ内の3DCG制作スタジオです。

家庭用ゲームやソーシャルゲームのリアルタイム3DCGに特化しており、軽量アセットからハイエンドなCGまで、幅広いレンジをカバーしています。

所在地 〒140-0002 東京都品川区東品川3-13-6 品川プロダクションセンターSビル4F 
   【大阪スタジオ】 大阪府大阪市中央区南本町 2-3-8 KDX南本町ビル10F
スタッフ数 142
ソフトウェア Maya, Z-Brush, MotionBuilderSubstance Painter, Substance Designer

メタバースやVRゲームの開発を相談するなら

メタバースやVRゲームの開発には、デザイン以外にもシステムやサーバーの構築が必要となります。

株式会社NEO DIVERSEは、メタバースやVRゲームの開発を得意としており企画から開発まで一気通貫で対応しています。

そのほかにもモーションキャプチャースーツによるキャラクターアニメーションの制作なども請け負っています。

「メタバースやVRゲームのプロダウトを作りたい」「VRの新規事業を進めたいが何かは始めればいいかわからない」という方は、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

KEN

2019年に初めてOculusQuestでプレイしたVRゲーム「Pistol Whip」で衝撃を受けメディアを立ち上げました。国内最大級のVRゲームコミュニティ「XR Game Japan」やポピュレーションワン国内大会の運営をしています。2022年2月にVRゲームを開発する会社をつくりました。VRやメタバースに関するご相談はTwitterのDMかお問い合わせからご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to top button