【超簡単】5分で自分の写真から3Dアバターを作る方法!LIVやVRChatと連携できるReadyPlayerMeはキャラクターを自動生成してくれる夢のサービス!

【超簡単】5分で自分の写真から3Dアバターを作る方法!LIVやVRChatと連携できるReadyPlayerMeはキャラクターを自動生成してくれる夢のサービス!

VTuberを始めたい方や自分の3Dアバターを作ってみたい方に嬉しいサービスがLIVから発表されています!

その名も「ReadyPlayerMe」です!

ReadyPlayerMeは、VRゲームと現実世界の合成動画を作れるサービスを展開しているLIVが発表した、3Dアバターを超絶簡単に作ることができるサービスです。

仮想のアバターでVR内を歩いたり配信するのも楽しいですが、どうせなら自分似てるアバターを作ってみるのも面白いかもしれません!

3Dアバターの作り方

ReadyPlayerMeのページにアクセスしましょう!

LIV用アバター作成ページ

https://liv.readyplayer.me

または

VRChat用アバター作成ページ

https://liv.readyplayer.me/vrchat

まず初めにアバターの性別を選択します。

男性(左)女性(右)を選択!

次に写真を使うかオリジナルでアバターを作成するかを選択します。

Take a photo!を選択すればPC内臓カメラでその場で撮影した写真を使うこともできますし、PC内の写真を使用することもできます(pick a fileを選択)

すると!

自動で写真の特徴を分析しおおよそのアバターを生成してくれます!

あとは自分好みのアイテムやカラーに変更すればOK!

自分のアバターが完成したらファイルをダウンロードしましょう!

Download the avatarの下にあるリンクをコピーしお使いのブラウザーにペーストすると自動的にダウンロードが開始します。

またはLIVを使いBeatsaberやPistolwhipに合成したい場合はImport to LIVを選択します。

この記事ではBeatsaberでアバターを合成してプレイ動画を作成する方法を解説しています。(LIVの使用方法は割愛しますが興味がある方はこの記事を読んでみてください)

アバターの作り方はこれでおしまいです!

早い人なら5分もかからずにできてしまうと思います!

アバターの確認

自分のアバターがしっかりダウンロードできているかglTF Viewerで確認してみましょう!

https://gltf-viewer.donmccurdy.com

使い方は至ってシンプル!

先ほどダウンロードしたglbファイルをドラッグ&ドロップするだけです。

glTF Viewerでは右上にあるパラメーターをいじることで背景の色光の当たり方表情などを変えることができます。

実際に配信で使いたい時やVR内に入った時にどのように動くのかみたい方にとっては便利なWEBサイトですね。

もしここで気に入らないポイントがある場合は、ReadyPlayerMeに戻って作り直しましょう!

さいごに

アバターを作る方法は以上になりますが、作ったからには自分のアバターで配信をしたくなりますよね!

上の方にもリンクを貼っていますが、ReadyPlayerMeから直接BeatsaberPistolwhipといったVRゲームに合成することができるのはすごい機能です。

しかしglbファイルのままではVTuberのような配信をすることができません。

そこでBlenderとUnityを使いglb→fbx→vrmに変換することでアバターの自由度が圧倒的にアップするのですが、ここでは長くなってしまうので別の記事で簡単に解説したいと思います。

初めての人にはとても難しいため、もしglbファイルからvrmファイルに変換して欲しい方がいたらお問い合わせからご連絡ください!

リプライ

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA