ゲーム・アプリ

【VReSports】ユリア・クラリス氏の強さに迫る!ポピュレーションワンの魅力は「情報戦争」

ARスポーツ選手からVRスポーツ選手を目指すユリア・クラリス氏(@wandog5

第一弾ではユリア氏の過去を徹底解剖していきましたが、第二弾は現在と未来についてインタビューをしました。

今回は、VR版バトロワ「ポピュレーションワン(以下ポプワン)」での強さに迫ります。

ポプワンの話が始まった途端にユリアさんの目がマジになったのがとても印象的でした!

強くなりたい人にとっても有益な情報ばかりなので、ぜひ最後までご一読ください。

ポプワンについて

第一弾はありがとうございました!
ARスポーツ経験者目線でのARとVRゲームの違いはとても面白かったです!
今回はいつもプレーされているポプワンを中心にお聞きしたいと思っています!

こちらこそありがとうございました!
よろしくお願いします!

ユリアさんの戦績

早速ですが、ポプワンの戦績を教えてください!

現時点では、2701回プレーしていてキルレートは4.36、勝率は57%です!
挑戦者募集してます(笑)

エゲツない戦績

え…ソロでのプレイが多い印象ですが、この成績はエグいですね…

ちょうど今日も空き時間に3回プレーして、9キル、13キル、14キルでした。
14キルした時の動画も編集したので興味があれば見てください!

鬼ですね…

ユリア氏の視点で勉強しましょう

ポプワンの魅力

これだけ熱中してしまうポプワンの魅力ってどんなところにあるんでしょうか?

情報戦争ですね!

第一弾でもお聞きした好きなアニメに共通していたキーワードでしたね!

多くの情報を一瞬で処理するユリア氏

試合中に考えていること

それだけ勝つことができるのには何か理由があるのでしょうか?

色々考えてますよ。
これから言うことを実践すれば戦績はガラっと変わりますよ!!

マジですか!超有料級の情報になりそうですね。

まずはじめに、ポッドで飛んだ場合は奥の敵がタワーと重なってから降りるようにしています。これは自分が降りた場所を悟られないようにするためです。

シュリンクの位置とポッドの位置を確認して、敵がどういう経路で攻めてくるか予測します。この時、5チーム分(計15名)の確認をしています。

すでに情報量が多すぎます…

あとは、いつも1対6の状況を想定した戦い方を意識していて、ソロでは1対6の戦闘練習をしています。

1対6の状況に慣れておけば、1対3はとても簡単になります。(笑)
戦闘中に万が一、仲間が倒れた場合でも勝てるように準備しておくんです。

英語のリスニング練習で、2倍速で聴いた後に通常の速度でもう一度聴くと、聴き取りやすくなるというのを思い出しました。(笑)

はい、海外のチームは1人はぐれたところを狙ってくるので、それに慣れないといけないんです。
ちょっと初心者にはキツいかもしれないですが…!

確かに強いプレイヤーほど1人になったところを狙われますよね。

英語のくだりをさらっと流すユリア氏

あとはなんだろう、自分のアイテムバッグのどこに何を入れるかを決めています。

そうすると、いざ1対6などの緊迫した状況で銃弾がなくなっても、速攻で武器をチェンジして追撃できるようにしてます。2ウェポン持っておけば、ノーリロードで3人は倒せます。武器チェンジがリロードの代わりですね。

ただソロプレイの時はスナイパーでできるだけ事前に削ることは意識してます。

徹底してますね…!

加えて自分が扱う武器の得意距離を覚えておくようにしています。

使う武器は右からP90、DT11、AWP、M60、回復系 or 手榴弾です。

P90:中近距離掃討型
DT11:超近距離奇襲型
AWP:中遠距離必中型
M60:重装甲掃討型

AWPは着弾までに0.5秒の距離であれば必中ですし、基本ヘッドショットしか狙いません

ヘッドショットを狙う理由としては、ボディーだとダメージが低く自分の場所がバレてしまうので、一撃で倒すか致命傷を与えるようにしています。

プレイに期待して欲しいポイント

ポプワンのプライベートマッチが実装されて大会が開催されるようになったら、みなさんにどういったところを見て欲しいですか?

まずはチームワークを見てもらいたいです。NNN(ユリア氏のチーム)ではスナイパーを担当しているので、仲間の戦況を観察して、援護やカバーに行くことで有利にチームを安定させるところを見て欲しいですね。

あとは、スナイパーで「あの位置からヘッドショット狙うか!」とか「落下しながら当てるのか!」みたいなところを見て欲しいです!

落下しながらスナイパーでのヘッドショットはエグいですって!(笑)

スナイパーの目になるユリアさん

ポプワンの今後に期待すること

ポプワンの今後のアップデートで期待していることはありますか?

まずはプライベートマッチを実装して欲しいですね。(※現在実装済み)

そうですね!早く大会を開催したいと思っています。(※大会開催中)

あとは、やっぱりポプワンはすごく面白いのでプレイヤー増加を願って、もっと初心者に優しいモードを追加してほしいです。PvEモードとか。

それからシーズン1からスプレーなどの機能が追加されたので、企業向けのオリジナルスプレーとかオリジナルアバターあれば盛り上がりそうですね!

そうですね!ポプワンの開発会社に伝えます!!

目標やアピール

それでは最後になってしまいましたが、目標や読んでくださっているみなさまへのアピールはありますでしょうか?

はい、どのプレイヤーよりも魅力的な戦術を披露するので期待してください!自信がなければ言えないですよね!笑

それとポピュレーションワンというタイトルをもっと広めていきたいと思っています!
あ、あと戦力増強!

とっても素敵なコメントありがとうございます!!!一緒にポピュレーションワンを広めていきましょう!

それでは1.5時間にわたるインタビューありがとうございました!

こちらこそありがとうございました!

めちゃくちゃ考えながら話したので少し頭痛くなりました(笑)

頭が痛くてもさわやかなユリアさん

まとめ

今回は、ユリア・クラリスさん(@wandog5)の過去→現在→未来についてインタビューをさせていただきました。

ユリアさんは終始笑顔でとても話しやすかったです!

ポピュレーションワンはPCがなくてもWifi環境さえあれば楽しめるVR版バトロワです。

今後のアップデートにも期待しましょう!

created by Rinker
Oculus
¥36,000 (2021/10/17 14:02:36時点 Amazon調べ-詳細)

それでは今回のインタビューはここまで

KEN

初代OculusQuestで一番最初にプレイしたVRゲーム「Pistol Whip」で衝撃を受けメディアを立ち上げました。国内最大級のポピュレーションワン日本人コミュニティや国内大会の運営もしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to top button