VR

VRアーティストにおすすめのゲーミングPCをご紹介!(TiltBrush対応)

VRアーティスト向けのおすすめゲーミングPCをご紹介!

昨今メタバースやNFTアートが注目を浴び始め、それに伴いVRアートの価値も上がっています。

国内のVRアーティストであるせきぐちあいみさんが描いた3Dアートが、約1300万円で落札されニュースになりました。

そんなVRアートはVRヘッドセット単体でも始めることができますが、ゲーミングPCに接続することによってさらに快適にアート制作を楽しむことができます。

今後、本気で仕事としてVRアートに取り組みたい方はゲーミングPCの購入をおすすめします!

VRアートとは?

VRアートとは、VR空間内で描かれた立体的なアートのことです。

最大の特徴はVRアートならではを奥行き感や体験を生み出すことができる点です。

Googleが開発した「TiltBrush」というアプリを使うことで誰でも簡単にVRアートを始めることができます。

Tilt Brush

イラストレーターはとても人気な職業ですが、今後3Dアーティストが職業として人気がでるかもしれません。

こちらは国内の3Dアーティスト”せきぐちあいみさん“の制作映像です。

せきぐちあいみさんは趣味から独学でVRアートを始め、数ヶ月後にはたくさんの仕事をしていたそうですよ。

VRアーティストに必要なPCスペック

より快適な環境でVRアート制作をしよう思った時に必要になるスペックについて解説します。

Oculus公式推奨スペック

まずはOculus公式ページの要件をを見てみましょう。

PCの構成Oculus推奨スペック
CPUIntel i5-4590 / AMD Ryzen 5 1500X or greater
GPUGTX 1060以上
RAMメモリー8GB以上
OSWindows 10
USBポートUSBポート 1以上

上の表に記載されているスペックは、Oculus Linkを使用する際の最低限のスペックになっています。

このスペック通りに購入するとTiltbrushの動作が重く、酔いやストレスに感じることがあるので購入後に後悔しないようにしましょう。

特にVRアート制作にとって重要なのはGPU(グラフィックボード)です。

また絵を描いた後に動画編集をしたい方も、より良いGPUを搭載しているPCを選ぶのをオススメします。

せきぐちあいみさんの使用PC

マウスコンピューター:GTUNE(NEXTGEAR-NOTE i7930PA1)

NEXTGEAR-NOTE i7930PA1は販売終了のため後継機種が表示されます

[itemlink post_id=”1347″]

VRアーティストにおすすめのゲーミングPC 3選

第1位:マウスコンピューター G-Tune HM-B-CM-6600XT

g-tune_em_m

これから本格的にVRアートを始めたい方はG-Tune HM-B-CM-6600XTがコスパ最強です。

超快適に他のPCVRゲームや配信をしようと思うと、20万円以上のPCを購入する必要がありますがTiltBrushをメインに使用する場合は、G-Tune HM-B-CM-6600XTで十分と言えます。

もちろん他のVRゲームも快適に遊べますし、動画編集やゲーム配信などにも対応可能です。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-10700Fプロセッサー
グラフィックスRadeon™ RX 6600 XT
メモリ容量 16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
M.2 SSD512GB (NVMe)
無線インテル® Wi-Fi 6 AX200(最大2.4Gbps対応 / IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n) + Bluetooth 5モジュール内蔵
電源700W/AC 100V(50/60Hz)【80PLUS® BRONZE】
本体重量約10.7kg
価格175,780円〜
保証期間1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

第2位:マウスコンピューター G-Tune PL-B

g-tune_pl_m

G-Tune PL-Bは限りなく出費を抑えたい方向けのPCです。

VRアート制作の使用には十分に満足できるかと思いますが、高画質の配信や動画編集ではやや動作が重くなります。

もし今後、ほかの高画質VRゲームや配信を快適にしたいようでしたらG-Tune HM-B-CM-6600XTの購入をオススメします。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i5-11400F プロセッサー
グラフィックスGeForce® GTX 1650 (GDDR6版)
メモリ容量 16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
M.2 SSD512GB (NVMe)
無線インテル® Wi-Fi 6 AX200(最大2.4Gbps対応 / IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n) + Bluetooth 5モジュール内蔵
電源500W/AC 100V(50/60Hz)【80PLUS® BRONZE】
本体重量約6.7kg
価格109,780円~(sale中)
保証期間1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

第3位:マウスコンピューター G-Tune E5

g-tune_e5_165_m

最後に、PCを持ち運びたい方向けにG-Tune E5の紹介です。

冒頭でご紹介したせきぐちあいみさんはノートPCを持ち歩いているようで、VRアーティストとして仕事をするようになると持ち運べるPCを持っているのはとても便利ですね。

もちろん普段使いもできるので、他の仕事でもPCが必要でどれを買おうか悩んでいる方にはG-Tune E5をおすすめします。

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-11800H プロセッサー
グラフィックスGeForce RTX™ 3050 Laptop GPU / インテル® UHD グラフィックス
メモリ容量 16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
M.2 SSD512GB (NVMe)
パネル15.6型 フルHDノングレア (LEDバックライト)
無線インテル® Wi-Fi 6 AX200(最大2.4Gbps対応 / IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n) + Bluetooth 5モジュール内蔵
WEBカメラ100万画素 (Windows Hello 顔認証カメラ搭載)
動作時間(標準バッテリー使用時最大)約 9.0時間
本体重量約 1.73kg
保証期間1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

KEN

2019年に初めてOculusQuestでプレイしたVRゲーム「Pistol Whip」で衝撃を受けメディアを立ち上げました。国内最大級のVRゲームコミュニティ「XR Game Japan」やポピュレーションワン国内大会の運営をしています。2022年2月にVRゲームを開発する会社をつくりました。VRやメタバースに関するご相談はTwitterのDMかお問い合わせからご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Back to top button