【Oculus Quest】ハンドトラッキング機能対応!できることは?コントローラーとの違いやメリット・デメリット

ハンドトラッキングとコントローラーニュース・ビジネス

みなさんこんにちは!

現在VR商品で「最高価値」との呼び声も高いOculus Quest(オキュラスクエスト)が、12月10日に手の動きを追跡するハンドトラッキング機能をリリースしました。

筆者が一番最初にイメージしたのがこれでした。笑

ジャガーン

ハンドトラッキング機能の噂が立ち始めた当初は、2020年初旬に発表されるのではないかと言われていましたが、だいぶお披露目を早めた形になりましたね。

Hand Tracking on Oculus Quest | Oculus Connect 6

Oculus Questを開発するFacebook社(Oculus)は、本気でVRマーケットでNo.1を狙っていることが伺えます。他のVRデバイスではまだ発表されていないため、間違いなくFacebookは先行者利益を受け取ることになるでしょう。

ハンドトラッキングでできること

In this initial release, you can use your hands to navigate and interact within Quest’s Home interfaces like Library and Store, plus in select first-party apps like the Oculus Browser and Oculus TV. this is just the beginning. We’ll continue to add new features and functionality to improve the experience of hand tracking on Quest in 2020.

Oculus社(Facebook社傘下)

この最初のリリースでは、ライブラリやストアなどのOculus Questのホームインターフェイス内で操作でき、その他Oculus BrowserやOculus TVなどのファーストパーティアプリを操作できるようになっているとのことです。

また、今回のリリースはほんの始まりに過ぎず、 来たる2020年にOculus Questでのハンドトラッキング体験をより良いものにするために引き続き新しい機能を追加する、と発表しています。

今はまだ最初のリリースなので、できることが少ないかもしれませんが、Facebook社はOculusに開発費をかけている様子が伺えるので今後も楽しみにしましょう。

ハンドトラッキングとコントローラーの比較

ハンドトラッキングとコントローラー

ハンドトラッキング機能が出てきたからといって、コントローラーが不要になるかと言われるとそうではないと考えられますね。

最初のリリースであるという現状も踏まえて、メリットデメリットを列挙したいと思います。
かなり私見が含まれますので何かありましたらご意見ください。

ハンドトラッキング機能のメリットとデメリット

メリット

  • 直感的に使える
  • 電池を心配する必要がなくなる
  • ハンドトラッキングだけでも良くなればVRデバイス自体の価格が下がる
  • より没入感が増す可能性が高い
  • アプリ内SNSで表現力が増す

デメリット

  • 振動を感じることができない(没入する上で重要な触覚を失う)
  • 全てのアプリ・ゲームに対応できていない
  • デバイスについているカメラで見えない範囲では反応しない
  • 押下感が物足りない(例:キーボード好きな方がいるように)

コントローラーのメリットとデメリット

メリット

  • 手に何かを持っているという感覚がある
  • カメラに見えていない範囲でも反応する
  • キャラクターの移動方法がわかりやすい

デメリット

  • 電池の減りを気にしなければならない
  • 最初は操作方法がわからない人が多い
  • 故障した場合の買い替えでお金がかかる
  • 表現力に限界がある

さいごに

いかがでしたでしょうか?

ハンドトラキング機能はぜひ使ってみたいですね。今回の発表は、これからのVR市場に対するFacebook社の意気込みが特に感じられたものでした。

様々な雑誌や本でVR市場の規模について言及されていますが、それを上回る結果も期待できそうな勢いを感じるニュースでした。

それではありがとうございました。

コメント