VRニュース・ビジネス

【考察】Meta社(旧Facebook)の改名とHorizonを中心としたメタバースの今後の展開について予想してみる

2021年10月28日にFacebookがMetaに改名し各方面で注目を浴びました。

そこで、Meta社が投資・開発を推進しているHorizon(ホライゾン)の今後の展開について、情報を集めて予想してみることにしました。

Facebook社の改名やブロックチェーン技術の発展により、急速に「メタバース」という言葉が注目されはじめましたが、現存する「メタバース」と呼ばれているサービスの批判や酷評をよく目にします。

しかし、メタバース構築はまだまだ初期段階であり、構築過程や実現後の世界観を少しでも予想することで、わたしたちがどのように関わることができるのか見えてくるのではないでしょうか?何よりワクワクしますね!

これからご紹介する情報の中には、一次情報ではないものや筆者の私見も大いに含まれますのでご注意ください。

メタバースの意味

「メタバース」の言葉の意味は、どの記事にも書いてありますが念の為記載します。

《meta(超越した)とuniverse(世界)の合成語》インターネット上に構築される仮想の三次元空間。

weblio辞書

メタバースメタヴァース (英: Metaverse) は、SF作家・ニール・スティーヴンスンによる1992年の著作『スノウ・クラッシュ』の作中で登場するインターネット上の仮想世界のこと。転じて、将来におけるインターネット環境が到達するであろうコンセプトモデル[要曖昧さ回避]や、仮想空間サービスの通称としても用いられる。メタ (meta-) とユニバース(universe) の合成語。

Wikipedia

Facebook社「Meta」への改名について

なぜFacebookは、社名をMetaへ改名したのでしょうか?

ずばり次世代のプラットフォーマーを目指すことが大きな理由の一つだと考えられます。

Facebookはアプリ・サービスレイヤーでは大成功していますが、GAFAMの中で唯一プラットフォーマーではないため、CEOのマーク・ザッカーバーグは最も後悔していることの一つとして「モバイルプラットフォームの構築に関わってこなかったこと」を挙げています。

決算発表やインタビューでは度々、「Facebookは今後数年でソーシャルメディア企業からメタバース企業として人々から認識されるようになるだろう」と述べています。

改名によるメッセージ

今回のMeta社への改名にともない、公式ウェブサイトで紹介されているメッセージの一部を抜粋します。

  • メタバース実現への責任を示すために会社の名称を変更
  • 1社に留まらない集合的なプロジェクトとして世界中の人びとによって作られる

メタバース構築を企業のビジョンとし、オープンなデジタル空間の構築に向け中央集権的なイメージを排除するねらいでしょうか。

賛否両論があると思いますが、道なき道を開拓していくMeta社には今後も注目したいと思います。

meta inc

メタバース構築への意気込み

メタバース領域には1兆ドル(約110兆円)のビジネスチャンスがあるといいます。

マーク・ザッカーバーグは、今後数年間は収益が見込めないとしつつも、開発に向けて大きな投資をすると発表しました。

新たにCTOとなるアンドリュー・ボスワース(通称Boz)が現在トップを務めるフェイスブック・リアリティ・ラボに、約1兆1000億円の投資しているが、今後10年はこのラボは収益を生み出さないだろうといっています。

以上の情報だけでも、Metaへの社名変更やメタバース構築に本気度が伺えます。

Meta社の投資

Meta社のウェブサイトでは、メタバースの3D空間では、人びととの交流・学習・コラボレーション・遊びが可能になると紹介されており、実現に向けた投資や買収を着々と進めています。

以下代表的な投資・買収

  • 2019年11月:BeatSaberを開発しているBeatgames買収
  • 2020年2月:Asgard’s Wrathを開発するSanzaru買収
  • 2020年6月:Lone Echoシリーズを開発するReady At Dawn Studios買収
  • 2021年5月:Onwardを開発するDownpour Interactive買収
  • 2021年6月:POPULATION:ONEを開発するBigBox買収
  • 2021年10月:Supernaturalを開発するWithin買収
  • 2021年10月:欧州でメタバース人材を1万人雇用する計画を発表
created by Rinker
Oculus
¥37,180 (2021/12/05 19:34:44時点 Amazon調べ-詳細)

Meta社が開発するHorizon

Meta社が考えるメタバースのキーワードは主にこの二つのようだ。

「つながりと共に進化する」

「GET TOGETHER, WHEREVER(どこにいても集まれる・会える)」

2019年9月、Facebookは「Horizon(以下ホライゾン)」という独自に開発を進めるメタバースを発表。

世界中で公開が待たれていましたが、当初予定されていた公開予定日には公開されず延期していました。

現在も未公開ですが、先日、Horizon WorkroomsというVR会議システムが先行して公開され、日本国内でもニュースになっています。

このVR会議システム「Workrooms」はホライゾンの一部だと思われますが、多機能でとても使いやすいアプリでした。

そんな状態のホライゾンですが、社名変更を皮切りに徐々に参考映像や情報がでてきています。

以下スライドショーを見ると、ホライゾンがどのような世界観なのかなんとなく理解できると思います。

本メディアでは、このホライゾンがどのような進化を遂げるのか今後も注目して参ります。

ブロックチェーン視点でのメタバース

XR技術の発展とは別に、ブロックチェーン技術もメタバースの発展には欠かせない要素の一つだと考えられます。

ブロックチェーンは、「取引履歴を共有し、改ざん耐性を持つ生成された箱(ブロック)同士を鎖(チェーン)のようにつないで蓄積する仕組み」で、分散型台帳とも言われています。そういった特性から、ビットコインなどの暗号通貨やNFTなどを支える中心的な技術基盤となっています。

暗号通貨やNFTの発展に伴い人々が集まるコミュニティーの重要性が高まっており、暗号通貨界隈でもメタバースという言葉が注目を浴びています。

VR界隈の方はご存知、バーチャルスペースを提供する「Spatial」とNFTマーケットの「OpenSea」もコラボしています。

そのほか、10月28日にFacebook社がMetaに改名したタイミングで、メタバース関連銘柄のアルトコインが高騰しました。

以下、例としてメタバース銘柄とされているMANA(Decentraland)・SAND(The Sandbox)のチャートです。

10月29日頃から出来高が急激に高まっていることがわかります。

メタバース上での経済圏構築への期待などから、今後もメタバース×ブロックチェーンへの注目が集まることが予想されます。

また、Facebookも過去に「Libra(リブラ)」という暗号通貨を発行することを発表していましたが、様々な理由から現在は「Diem(ディエム)」という名前に変更して裏で計画が進んでいる模様です。

ゲーム視点でのメタバース

メタバースを「人が集まり・つながるデジタル空間」と定義するなら、昨今のオンラインゲームは欠かせない要素です。

Epic Gameが開発するフォートナイトでは、ゲーム内で映画やコンサートが楽しめるパーティーロイヤルモードでみんなで楽しめる空間を提供しています。

コンサートの一例

  • 2019年:DJマシュメロ
  • 2020年:トラビス・スコット / 米津玄師
  • 2021年:アリアナ・グランデなど

イベントの同時接続数は、DJマシュメロは1100万人、トラヴィス・スコット1230万人と凄まじい結果です。

今後も人気ゲームのメタバース化に関するユースケースは増加することが予想されます。

Meta社が実現したいメタバースの考察

以上を踏まえて、Meta社が目指すメタバースの世界観は、短絡的な結論ではありますが「ホライゾンを中心のプラットフォームとして、人々が集まり・繋がり・生活できる新たな経済圏」だと考えています。超長期ではホライゾンもメタバースの一部なのかもしれません。

まだまだ、5GやクラウドXR、ハードウェアの発展など課題は山積みだと思いますが、ホライゾンが次世代のSNSとして機能し、友人/家族/同僚などと全てのアプリケーションにアクセスできるようになるのではないでしょうか。またデジタル空間内で経済活動ができる世界観の実現に向けて、ブロックチェーンやDiemの開発・活用をしていることを願っています。

最後になりますが、SAOやレディープレイヤー1の世界観が来たら最高にワクワクしますね!

created by Rinker
Oculus
¥37,180 (2021/12/05 19:34:44時点 Amazon調べ-詳細)

KEN

初代OculusQuestで一番最初にプレイしたVRゲーム「Pistol Whip」で衝撃を受けメディアを立ち上げました。国内最大級のポピュレーションワン日本人コミュニティや国内大会の運営もしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to top button